Car Care Service

【タイヤ交換はプロに頼むべし】専門店の特徴をリサーチ

遠慮せずにお店に依頼を

安い工賃と高いサービス

女性

自家用車をお持ちの場合、冬用タイヤを自宅で保管している方もいらっしゃるでしょう。自分で交換することも不可能ではないですが、お店に持ち込みプロの整備士に交換してもらった方が確実です。ジャッキアップやボルトの取り外し、締め直しには多くの労力と時間が必要です。また、安全に進めるには、的確な作業順序を守らなければならず、慣れない方が行うと怪我の恐れもあります。ただ、お店側が持ち込み交換のみに対応してくれるのか不安な場合もあるでしょう。車の整備サービスを実施しているお店の中には、持ち込み交換に対応するところが数多くあるので大丈夫です。対応店ならば、交換のみでも丁寧な作業でしっかりとしたサービスを提供してくれます。もちろん割高になることはなく、非常に良心的な工賃で引き受けてくれます。16インチから20インチ程のタイヤなら、4本1万円以内で依頼することが可能です。20インチを超えるサイズでも、工賃を2万円以内に収めてくれるお店が各地に存在します。現在はネットで手軽にタイヤを購入できる状況にあり、それに伴い持ち込み交換を希望する方が増えています。こういった現状にしっかりと対応し、高いサービスを展開しているお店はたくさんあります。各店利用者が安心して依頼できるよう、丁寧な対応で迎えてくれるので、交換のみだからといって気兼ねする必要はありません。お手持ちのタイヤを交換したい時には、遠慮せず対応店に持ち込みましょう。

料金設定を把握しよう

キー

タイヤを持ち込みで交換したい場合には、タイヤ交換を依頼する業者を選ぶ時に、まず持ち込みが可能かどうか問い合わせをしましょう。受け付けていないところもありますし、料金がとても高い設定になっているところもありますので、事前確認が必要です。特にガソリンスタンドやカー用品店などは店舗によって対応が異なりますので、自分が行こうとしている店舗に直接確認しましょう。確実なのはディーラーに交換を依頼することですが、安心して任せられる代わりに料金は一番高い設定になります。持ち込み交換OKとなったら、持ち込みをするタイヤについても注意しましょう。基本的なことなのですが、購入するのは今、車両に付いているタイヤと同じサイズである必要があります。インターネットショップで購入する場合、サイズ間違いをしてしまう人も少なくないので、あらためてチェックしておきたいですね。また、価格ばかり気にして品質のチェックを怠ってもいけません。タイヤはゴムですから、経年劣化に気をつけるため製造年週を必ず確認しましょう。激安品に飛びついたら、品質が悪く3年持たなかったなどという事例もあるようですから、信頼出来るメーカーや銘柄を選ぶことも大事。費用ももちろん大事ですが、車は何より安全が第一だということは、忘れないようにしたいですね。また、インターネットショップで購入する場合、本体価格は安くても、梱包料や送料が割高でトータルの費用がかかってしまう場合もあるのでそこもチェックが必要です。

特徴を把握しよう

ミニカーと電卓

車を運転する人にとって、切っても切れないのがタイヤ交換ではないでしょうか。いつまでも同じタイヤで走りたいとう方もいるでしょうが、なかなかそうもいきません。タイヤは消耗品ですので、いずれ、どこかのタイミングで交換することになります。その時に安く済ませようというのが、タイヤ持ち込み交換です。この場合、持ち込み交換に対応したお店であれば応じてもらえますので、一度確認しておくといいでしょう。そして、この時に気になるのがお店のサービスではないでしょうか。お店によってサービス内容が異なりますので、自分に合ったお店を選択してください。サービスとしては、「持ち込みサービス」と「直送サービス」の2つがあります。この2つの中から自分に合った方法を選びましょう。以下でそれぞれについて紹介します。まず、持ち込みサービスです。こちらは、インターネットなどで購入したタイヤを持ち込み交換するお店まで持っていき、その後に交換するサービスです。持ち込みの流れとしては、最初に電話かメールで希望するお店に来店日時を連絡します。そして、来店当日にお店にタイヤを持ち込んでください。また、直送サービスの場合、タイヤ販売店から直接専門店にタイヤが送られてきます。お店によっては保管料が発生することがありますので、事前にチェックしておきましょう。タイヤ持ち込み交換サービスは以上の2つになりますが、両者とも交換にかかる時間は、40分から50分程度が目安です。