Car Care Service

【タイヤ交換はプロに頼むべし】専門店の特徴をリサーチ

安全運転をしましょう

ネット通販で費用を抑える

自動車の模型

車本体の性能に目が行きがちですが、実はタイヤの性能もすごく大切です。タイヤ交換の時期をどのように決めているでしょうか。タイヤの溝がある程度削れると姿を現す、スリップサインを交換時期にしていないでしょうか。スリップサインは、タイヤの寿命がきたことを伝えるサインですが、この状態まで使用することは大変危険ですので、早めの交換をおすすめします。スリップサインが出ている状態では、グリップ力が落ちていますので、きちんと止まることが難しくなってきます。また、車の燃費も悪くなります。しかし、タイヤの交換は意外とお金がかかります。そこで、その費用を少しでも抑えることができる方法を書きます。実は、お店によりますが、タイヤの持ち込み交換ができます。ですので、ネット通販で安くタイヤを仕入れて、持ち込みをすることで、費用を抑えることができます。この方法を取る場合、気をつけて欲しいことがあります。それは、タイヤのサイズと送料、そして持ち込み交換費用です。当たり前ですが、自分の車とサイズの違う物は、取り付けすることができません。送料は、きちんと確認をしておきましょう。本体が安価でも、送料が高いと、結局損をしたということがあります。最後に、本体と送料、持ち込み交換費用を足して計算しましょう。お店で、購入と交換をした費用より安く抑えることが大切です。自分の車のタイヤのサイズがわからない方は、車種によりますが、運転席のドアを開けると、タイヤサイズと適正空気圧が書かれたシールが貼っていますので、そこで確認しましょう。もし、それでもわからない場合は、ガソリンスタンド等で調べて貰いましょう。

どんなサービスがあるか

男性

タイヤを交換するときにネットで安く買ったタイヤの交換がしたいと考えたことはありませんか。例えば、ネット通販のサイトを見ると店舗で販売しているタイヤよりかなり安く売られています。ですがこのタイヤを買っても、自分で交換するのは専門的な知識がないと無理です。そこでカー用品店やガソリンスタンドなどの業者がおこなっている持ち込み交換サービスというものがあります。これは、自らカー用品店などの業者にタイヤを持ち込むことです。このサービスを利用することでお金を節約できます。また、普通に交換するときに比べて半額以下でおこなえる所もあるのです。ただし、取り扱っている業者によって対応が異なるので注意が必要です。例えば、持ち込み交換自体ができない、または持ち込み交換をしていても費用がかなり上乗せされている業者もあります。ですから、事前に最寄りの業者にタイヤの持ち込みのサービスをしているか、そして費用はいくらかを確認することが大切です。他にもタイヤを自分でネット購入する場合は、価格も重要ですが品質も気にして選ぶことが重要です。タイヤはゴム製なので年数が経過すると劣化してしまいます。また、安い製品の中には性能や耐久性が弱いものもあるのです。ですから、タイヤの製造された年が古くないか、あまりにも安すぎてないかなどを調べることをおすすめします。これらのことに注意して安心にそして安全な業者を選び、お得にタイヤを交換しましょう

対応しているかがポイント

ドライバー

タイヤの交換には、脱着と組み換えがあります。脱着はホイールごと交換をするため、比較的安く一本500円から1000円ほどで行ってもらえます。その点、組み換えとなるとお店で購入したタイヤと持ち込みのタイヤでは料金が大きく変わります。最近は、安く販売されているため、通販やネットショップでタイヤを購入する人が増えています。それに伴って持ち込みで交換を依頼するのですが、対応しているお店を事前に探しておくことが大切です。カー用品店では持ち込みでの交換ができないところも多かったのですが、最近は対応してくれるところ増えています。まずは、タイヤを購入する前に持ち込みでタイヤを交換してくれるところを探してからにすることが大切です。そして、タイヤの大きさやお店によって異なりますが、相場としては一本2000円から3000円となっています。比較的安めに設定しているのがガソリンスタンドです。ガソリンスタンドで安いところでは1500円ほどで行っているところもあり、依頼するメリットが大きいです。カー用品店では、ウェブサイトで料金表を公開しているところもあるので、参考にすることができます。組み換えを依頼するときには、バランス調整も料金に含まれているかもポイントです。バランス調整を別にしているところでは、交換料にプラスして500円ほどになります。そして、新品タイヤに交換をすると、廃タイヤ処分料も必要になり一本300円ほどになっています。そのため、通販などで購入したタイヤ代と工賃で計算をして、安くなるように購入をする必要があります。