Car Care Service

【タイヤ交換はプロに頼むべし】専門店の特徴をリサーチ

対応してくれるお店を探す

料金を比較

男の人

最近増えているのが、安いネット通販でタイヤを購入してガソリンスタンドなどで交換をしてもらうという方法です。そこで、気を付けなければならない点が、対応している取付店を探しておくということです。ガソリンスタンドでは持ち込みでも対応してくれるところが多いのですが、カー用品店ではできないことも多いです。持ち込みのことを考えるとできるだけ近い取付店や行きつけのガソリンスタンドで確認をすることが大切です。ちなみに、持ち込みとなると交換工賃が異なり、せっかくネット通販などで購入をしても総額になると同じになると意味がありません。そして、交換工賃はタイヤのサイズによって異なり、大きくなるにつれて高くなります。多くの取付店では17インチ以上から料金を変えていることが多いです。そのため、持ち込みでの交換工賃を確認するためには、タイヤのサイズを伝えることが必要です。また、交換工賃としては安いところで1500円ほどから、相場としては2000円全となっています。そして、依頼するにあたって、交換工賃以外にもゴムバルブや廃タイヤの処分料なども必要になります。この部分は別途かかるため、確認をしておく必要があります。実際に交換を依頼するときには、電話で空いている日時を確認して予約を入れます。ガソリンスタンドは比較的予約が入れやすいのですが、ディーラーや整備工場では休みの人があるので調整をする必要があります。予約を入れるときには、タイヤのサイズや車種も伝えておくことも大切です。

かかる費用と手間が変わる

タイヤ

ガソリンスタンドやタイヤを販売しているお店にタイヤ持ち込みをして交換してもらうことができます。ただ、タイヤ交換は自分でも可能なため、業者にお願いするのかそれとも自分でするのかを選択できます。そこで知りたいのが、業者と自分で何がどのように変わるのかです。変わる点は、かかる費用と手間です。まず、持ち込みで業者にお願いすると、工賃が発生してしまいます。ホイール付きのタイヤなら、1本500円程度必要としていて、4本交換で2,000円ほどになります。それに比べて自分で交換する場合、工具を所有しているのならお金をかけることなくできます。お金をかけたくない場合は、自分で交換するほうがよいのですが、ただし、その分手間が発生してしまいます。タイヤ交換は、難しい作業ではないけれども、しかし手間かけることなくできることではありません。ジャッキアップしてタイヤを脱着する作業を4回もしなければいけないため、手間がかかります。そして、ホイールからタイヤを取り外す交換は、自分でも可能だけれども、知識がなければできません。お金がかかる業者依頼はもったいないと感じてしまうかもしれませんが、しかし交換ができない人にとってタイヤ持ち込み依頼の検討する必要があります。時間に余裕があり、なおかつ交換ができる人は自分でも良いのですが、時間がなかったり交換できたりするかどうか自信がない人は、持ち込みをして業者にお願いすることがおすすめです。

自分で行う車輪交換

車内

車輪交換サービスを、ホームセンター店舗内にある車両サービスコーナーや専門整備工場などで受ける際に、そのためのタイヤ本体を自ら持ち込みをして受けられるか否かに関しての、全般的な内容になります。この場合、その持ち込むためのタイヤ本体が純正品で無ければ受け入れないところも存在しますので、注意が必要かもしれません。やはり、ホームセンターやその他の大型商業施設内にある車両サービスコーナーなどの場合には特に、請負元であるメーカーとの兼ね合いもあり、交換サービスと新品純正タイヤ本体とのパック商品がある現状が多い傾向があります。なるだけ自社若しくは業務提携事業者が製造・生産をしているタイヤ本体の購入をした上で交換をしてもらいたいという、請負元であるメーカーによる販売戦略の意図がよくわかります。また、純正品であるタイヤ本体をお客さんが持ち込んで来た場合でも、それ自体を自分達の店舗で購入をしたものでは無いとしながら交換サービスのお断りをするところもありますので、この点も注意が必要です。車両本体や車輪サイズなどと合うものではあっても、そこの店舗やサービスコーナーなどで購入をしたりしたものでは無い以上、持ち込みではそこでの利益にならないといった理由が挙げられます。一方、専門整備工場のようなところでは、基本的なあり方としてはタイヤ本体の持ち込みではあっても、やはりそれでもお客さん側との信頼関係を大事にしていきたいといった理由で、義理と人情の方を選ぶ傾向があります。持ち込みのタイヤ本体ではあっても、なるだけそれに応じていきたいという交換のプロとしての立場がわかります。